水道トラブルには自分で修理できるものとそうでないものがある

水道トラブルには自分で修理できるものとそうでないものがある 私たちの生活は水に支えられているだけに、使用頻度の高い水道のトラブルはいつ起こってもおかしくありません。普段から何があってもいいように心積もりをしておくのが一番ですが、蛇口をひねれば水が出るのが当たり前という状態に慣れてしまっているため、不意にやってくるトラブルに気が動転してしまうのは仕方のないことです。では、もしもトラブルに見舞われたらどのように行動すればよいでしょうか?何よりも念頭に置くべきなのは、被害を極力拡大しないようにするということです。特にマンションやアパートなどの集合住宅の場合は、階下の部屋に大きな迷惑をかけてしまうおそれがありますし、元通りにするために莫大な費用が必要になるという事態にもなりかねません。簡単な修理をはじめ、応急処置や原因確定など自分でできることはありますので、気持ちを静めて行動しましょう。

■まずは最低限の応急処置を

蛇口やシャワーヘッドなどから水漏れしているときは、ゆるんでいるパーツを締め直すだけで改善される場合があります。触ってガタガタしているようであれば試してみましょう。ドライバーやモンキーレンチを用意しておくと、いざというときに助かります。トイレでのトラブルは、ラバーカップの使用やタンク内のパーツを正常な状態に戻すことで復活する可能性があります。洗濯機と給水ホースの結合部分から水漏れが発生していたら、両者がうまくかみあっているかどうかを確認してみましょう。そしてすべての水トラブルに共通して言えるのは、最初に止水栓を閉めてから作業するということです。たとえ少量の水漏れであっても水道料金に少なからず影響が出ますし、効率良く作業を進めるためにも必ず行うようにしましょう。

■わかる範囲で原因を確認する
水道のトラブルが発生した際に、その原因を特定することは非常に重要です。原因によって対処方法が変わってきますし、業者に依頼することになってもスムーズに話を進められて早期解決につながります。たとえばトイレが詰まったとき、スマートフォンなどの固形物を流してしまったのか大量のトイレットペーパーが詰まっているのかでは対処の仕方が違います。もちろん自力で確認するのが難しいトラブルもなかにはありますが、数日前から変な音がしていたり、異臭があったなどの情報も有効ですので、トラブルに関する情報をできるだけたくさん集めましょう。

■業者に正確に状況を伝える

工事を必要とするレベルの大きな被害をはじめ、ウォシュレットや給湯器など電化製品のトラブルや、目につかないところにある排水管の修理などは素人の手には負えませんので業者にお願いすることになります。現状維持が最も望ましいのですが、中途半端に手を出して状況を悪化させてしまった場合でも、元の状態とどのような処置を施して失敗したのかを正確に伝えましょう。また数日前からトラブルの兆しがあったのならそれも伝えておくと、たとえば水漏れで水道のメーターが上がってしまった場合に水道局に連絡を取って何らかの措置をしてもらえることもあります。水道 評判の専門家の手に委ねるのが一番安心できますので、ちょっとしたトラブルであっても信頼のおける業者にお任せするのがベストです。

■まとめ
水道 修理は自分で簡単にできるものから業者に頼むしかないものまで様々ですが、とにかく無理やり自力で何とかしようとせず、冷静に状況を見極めて的確な判断を下したうえで行動しましょう。判断できないのであれば見切り発車はせず、すぐに業者に連絡するのが得策です。下手に手を出して悪化させ、二次被害を引き起こしてしまうことを防げます。修理費を惜しんでかえって余計なお金がかかってしまうくらいなら、最初からプロにお任せするほうが結果的に安く済むというケースも多々あります。良心的な価格でスピーディーな対応をしてくれる業者を選べば、その後も長くお付き合いができて何があっても安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース